遮熱材のトップコート仕様で低コストでの遮熱効果を実現します

長時間による信頼性試験でも路面温度の低減を実証 信頼性試験で実証 低コスト施工

遮熱性舗装温度低減効果試験結果

遮熱トップコート

遮熱性舗装技術研究会:室内照射試験方法による(ビームランプ110V120)

リサイクル黒チップに塗るだけで遮熱効果を発揮

遮熱トップコート

武蔵野中央公園広場及び遊具回り
黒ゴムチップ(150)+遮熱トップコート

特殊な遮熱材をリサイクル黒チップの表面にコーティングすることで、熱の吸収を抑え、路面温度の上昇を抑えます。

遮熱トップコートに含まれる特殊塗料は、温度上昇の要因となる近赤外線を反射させる働きがあり、それにより温度上昇や蓄熱を防ぐことができます。
信頼性試験により、長時間の路面温度の低減も実証されました。遮熱材を練り込まずトップコートする仕様なので、比較的簡単に、低コストで施工することが可能です。

製品や施工に関するお問い合わせ

株式会社アイテック 関東事業所

TEL 04−2945−3507
平日9:00~17:00(土・日・祝祭日休み)